株式会社 カワイ精工

IoT・AI活用事例 自社開発の取り組み

最新のIT・IoT・AI技術を駆使して、必要に応じたITシステムを自社開発できる技術力があります。
金型製作から成形工程の作業を支援するため、現場の生の声を100%盛り込んだ使いやすいシステムを自社開発して、
作業効率化や品質強化をすすめ、品質・価格・納期でお客様に貢献致します。

以下にいくつかIoT・AIにピックアップした自社開発事例をご紹介させていただきます。

AI活用システム事例 <お問い合わせの自動回答>

金型製作/部品加工/プラスチック成形で弊社をご検討の方々に対して少しでもご検討の参考になればと
AIを活用してご質問内容に24時間即時回答するシステムを作成しました。

⇒お問い合わせページで稼働中です

AI活用

IoT+AI活用システム事例 <工作機械の稼働監視>

最新の工作機械はネットワークで稼働状況を見ることができる機種もありますが、まだまだ古い機械を使っていかなければならない現実があります。
そうした機械の稼働監視を解決する手段としてIoT+AIを活用した取り組みをしています。

IoT+AI活用

IoT活用システム事例① <金型部品の在庫自動管理>

定期的に使用する金型部品の在庫数をセンサー使用により収集してWEB画面にリアルタイムに表示します。

在庫自動管理

IoT活用システム事例② <消耗品や備品の簡易注文>

消耗品や備品等は非接触のICタグに情報を書き込んでおき、スマートフォンをかざしただけで自動的に読み取りを行い注文の手続きが完了します。

備品の簡易注文

IoT活用システム事例③ <成形機の稼働監視>

プラスチック成形で使用される成形機からのショットデータやカメラからの映像等をIoTデバイスが一元収集してデータ処理を実施して、
各PC・スマートフォンにリアルタイム配信します。

成形機の稼働監視

IoT活用システム事例④ <タップ加工の自動化>

成形品のタップ加工をする自動機を独自開発して、生産性向上および作業効率化。
IoTの活用としては、スマートフォンのアプリを作成して操作を無線化し、自動機からの加工データを表示して見える化しました。

タップ加工の自動化

IoT活用システム事例⑤ <ゲートカットの自動化>

成形品のゲートをカットする自動機を独自開発して、生産性向上および作業効率化。
タップ機同様、スマートフォンのアプリを作成して自動機からの加工データにより稼働状態を見える化しました。

ゲートカットの自動化