❁ IT補助金 2021 対象ツール

管助 ~ 見える化 ~

管助
「管助」
- 生産管理を手助けします -
「管助」は機械の稼働状況や生産実績を見える化するシステムです。
今まで感覚に頼っていた機械の稼働状況をデータとして記録するため、 稼働率が明確になります。 また記録されたデータを分析することで「なぜ稼働率が上がらないか」の原因究明につながります。
「管助」は自由度の高い「カスタマイズ性」と「価格」で工場の見える化を強力にサポートします。

- 特長 -

・自由度が高くリーズナブルなカスタマイズ
せっかくシステムを導入しても自社に合わないという声をよく聞きます。
当システムは各企業様の業務に合った形で購入してもらうことが一番と考え、自由度の高いカスタマイズ性が特徴です。 カスタマイズと聞くと高額なイメージがありますが「使ってもらえるシステム」をモットーにカスタマイズ費用には自身があります。 お客様のご要望をお聞きして、最適な形のご提案を致します。
・スモールスタートから始めるデジタル化
昨今DX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれていますが、何から手をつけていいのか迷うことも多いと思います。 まず初めの一歩として、機械の稼働状況を見える化するところから始めてみてはいかがでしょうか?
コスト面と使いやすさの面でスモールスタートを強力にサポートします。

- 用途例 -

・稼働率の見える化
機械の信号灯をセンサーが検知して稼働状況を見える化します。
信号灯センサー
稼働状況
モニタリング
集計表
日次、週次、月次集計で稼働率・生産実績を把握できます。
各種データはグラフで分かりやすく表示します。
各種データ

- カスタマイズ例 -

センサーを変えることにより様々なものに対応可能です
・在庫数の見える化
重量センサーを使用すれば在庫数も見える化でき、手間のかかる在庫管理を自動化できます。

※重量センサーはオプションとなります。
重量データ

・工場のコロナウイルス対策

co2センサーを使用すれば工場のコロナ対策としても有効です。
※co2センサーはオプションとなります。
co2センサー